国内で英語をマスターする

中地です。

今回は「勉強法」についての記事になります。

と言っても目新しい方法ではなく、むしろ常識的な
方法だと思います。

裏技的なものを求めている人はがっかりしてしまうかもしれません。

ただ、日本にいながら費用をあまりかけず
本格的な英語を身につけるには最善のやり方だと思っています。

では、いってみましょう。

まずはリーディングを固める

これは私の経験ですが、

まず、どんな外国語を学ぶ時にも共通して言えるのは

「量」

が何より大切だということです。

よく勉強には「質」と「量」があり「質」の方を重視すべき、と言われます。

これは正しいと思うのですが、語学の場合には「量」をこなして初めて
「質」が向上するようなところがあります

要するに、

習うより慣れよ

という事ですね。

ではどのように「量」を増やすかという問題ですが、

・ひたすら多くの英文を読む
・ひたすら多くの英語を聞く

というのが一つの答えとなります。
(当たり前ですね。笑)

英語力には4つの要素があり、それらは

リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング

とされています。

このうち、リーディングとリスニングは言葉を吸収していく事
すなわち「インプット」であるのに対し、

スピーキングとライティングは自分から言葉を作り出していく
「アウトプット」に分類されます。

全て大切ですが、もし

「どちらを先にやるべきか」

と聞かれたら、私は

「インプット」

と答えます。

なぜなら英語ではアウトプットの量と質は、それに先立つインプット
の量と質に比例するからです。

例えばスピーキングですが、これは他の3つのスキルを全て使うという点で
「英語の総合力」と言うべきものですが、その質はいかに質の高いインプットが
できているかで決まります。

会話とは、相手の言う事を理解し、こちらからも返答していく事。
つまり、リスニングと英作文を交互に繰り返すプロセスです。

もし同じ内容が全て静止したテキストで与えられたとして理解できなければ、
リアルタイムに英語を処理する事は難しいでしょう。

この点からも私は

リーディング

こそあらゆる英語力の基礎であって、
ちゃんと文を読むことと、そのための文法知識が

本物の英語力の土台

になるものと考えています。

まずは書かれた文章をちゃんと読めるようになり、
その量を増やしていく事。

これが日本人が国内で英語を学ぶのであれば、
王道的なやり方ではないでしょうか。

英文法を学ぶ意味

英語を吸収するために、どうしても必要なのが「文法」です。

どんなに沢山の英語を吸収しても、その「意味」を理解する事ができなければ
英語力の向上につながりません。

理解できない英語をどんなに聞いても
それは意味の無い「音」を聞いているのと同じ事です。

リスニング教材の中には、英語を放送する前に同じ意味の日本語を放送する事で
この問題を回避しようとしているものもあるようです。

確かに直前に対応する日本語を聞いておけば、
文法の知識が無くても英語を理解する事ができます。

ただ、このやり方では、短いフレーズや会話を
「パターン認識」で覚える事には役立つかもしれませんが、
まとまった文章ど読解や長時間の会話には
対応できなくなってしまうでしょう。

言ってみればコピーアンドペーストだけで
プログラミングをやるようなものです。

他人の書いたコードを修正するにしても、
その言語の知識をある程度持っていたほうが
完全にパターン認識に頼るより確実です。

まして、自分でコードを書いて動作するものを作っていこうとすれば、
「プログラミング言語」を知らないとどうしようもありません。

英語も同じで吸収できる英語の量を増やすには、
「文法」を学ぶ事は必須と考えて下さい。

ただ、少なからず「文法」に抵抗感を感じてしまう人もいると思います。

なぜ英文法嫌いの人が多いのでしょうか。

私はその答えは受験英語にあると考えています。

学校で英語が教えられている事は、単純に良い事ですし、
これからもそうであって欲しいと思います。

しかし、日本の場合、あらゆる教科の勉強が実質、「いい大学へ入るため」
に行われているのが現状です。

つまり英語を勉強する目的は、第一に英語の試験で良い得点をとる為で、
その後の「実践」は二の次になってしまっています。

学校での英語の授業もこれを反映しています。

例えば「不定詞」という文法事項がありますが、

I want to buy a car.

という文における不定詞の用法を

1 名刺的用法
2 形容詞的用法
3 副詞的用法

のうちどれかを選べという問題。

このような選択問題に、ほとんど実用的な意味は無いと思うのですが、
あなたはどう考えますか?

一応この問題の答えは、

1の「名詞的用法」

という事になるのですが、

このような文法事項を記憶しておく事は、
私は必用無いと思いますし、

英文法を無駄に難しくするのであれば、
むしろ「有害」でさえあると思っています。

本来、文法を学ぶ事の意味は、読む、書く、聞く、話す、
などの「実用」を支えるためだと思うのです。

「文法を学ぶのは”英語を使う”為である。」

この観点からは、受験問題によくあるような英文法の知識を問うような問題は
必用以上に文法を難しくしているという点で、害さえあるのではないかと
思ってしまうのです。

ただ、私は決して文法を軽んじているわけではありません。

むしろ実用に拘るからこそ、文法をしっかり学ぶべきだと思います。

また、文法の知識は実用を通して確かめられる事によって、
本当に定着していきます。

「文法」と「実践」という2つの「車輪」

この意味で、文法と実践はいわば2つの車輪のような関係にあり、
一方の進歩に他方の進歩が伴って全体として進歩する事ができます。

文法のみに片寄ってもいけないし、実践のみに片寄ってもいけないと思います。

実践のための文法、実践を通した文法の定着。

これを繰り返していく事が、堅固な語学力の土台を作り出すと思うのです。

確かに、受験や試験のために、どうしても文法の知識だけを
強化する必用がある場合もあります。

ただ、その後試験のためではなく、
実用のために英語を学んでいこうとする時、
文法に対する視点を見直してみてもいいのではないでしょうか。

もし文法の知識に拘るあまり、読む、書く、聞く、話す、などの
実践のレベルアップが伴っていないとしたら、
あなたの英語が「文法の車輪」だけ進んでしまっている状態かもしれません。

あるいは、リーディングやリスニングを通して、
沢山の英語を吸収しようとしているにもかかわらず、
内容をうまくのみこめていないと感じるなら
文法の知識を補足すべきなのかもしれません。

文法と実践が2つの車輪のような関係にあるという事。

そして英語力を高めるには、これらの2つの車輪を
ほぼ平行に進めるべきなのです。

どちらかが大きく先行してしまうと、
バランスが崩れてしまいます。

では、2つの車輪を平行に進めるにはどうすればいいのでしょうか。

これを英語の「理解度」を通して説明してみたいと思います。

The apple is red.
「そのリンゴは赤い。」

こういった単純な文であれば、その意味を100%理解できます。

一方で、有名な哲学者が書いた本を原文で読む場合など、
その内容が高度になるにつれて100%の理解に到達する事は
限りなく難しくなります。

高度な内容の文章を読んで、それをどれ程理解できるかは
背景知識、語学力、読解力などのに左右されますが、
100%の理解に達する事はまず不可能です。

カントなど今も現在進行形で研究が進められていますからね。
(彼はドイツ語ですが。)

私達にできるのは「理解度」を高めていく事です。
50%から60%へ、60%から70%へと
徐々に深い理解を目指します。

その際「この文はどういう意味だろう」という疑問が生じるわけですが、
大きくわけてこの疑問は

1 内容そのもの

2 文法

の2つのうちどちらか、あるいは両方が十分理解できていない事から生まれます。

このうち「内容そのものが難しい」ケースは、
背景知識や興味といった語学とは別の要素が関わって来るところですので、
ここでは考えない事にします。

他方で、文法知識が不十分な為に理解が損なわれてしまう場合には、
その部分の文法知識を補う事で解決できます。

「何故その文の意味がよく分からなっかたのか」

この問を突き詰めていったときに、
例えば不定詞の知識が足りていない事に気付いたなら、
不定詞の知識を補充すればいいのです。

このように、必用な文法知識を補うことによって
英語理解の質が高まった瞬間

文法の車輪が進んだ

と言えます。

そしてこの場合には、先立つ「実践の車輪」に
「文法の車輪」が追いつく形になっているので
2つの車輪のバランスはとれています。

このように、「実践」の段階で生じた疑問を解決するために
文法書を紐解いていくようにすれば、
基本的に2つの車輪のバランスが大きく崩れる事はありません。

「文法の車輪」だけを進めてしまう人の特徴は、
文法を学ぶとまた新たな文法上の疑問が生じ、
その疑問を再び文法によって解決しようとする事です。

文法の理解は「実践」を通して強められるできで
いつまでも文法のみを学習していても、
労力に見合った効果は得られません。

むしろ、英語を読んだり聞いたりする時
”100%の理解は無理”という事を受け入れた上で、

より実践で出会った英文の理解を深めるために必用な文法知識を仕入れていく

というスタンスのほうが実りのある学習ができます。

もし、今英語の学習で行き詰まりを感じているのであれば、
文法の車輪と実践の車輪のバランスが崩れていないかを考えてみて下さい。

もし、バランスが崩れてしまっている場合には、

「実践に追いつくように文法を補充する」

と同時に、

「実践を通して文法を定着させる」

事を意識して、
2つの車輪を平行になるように調整しながら進めてみて下さい。

今回は「英語の勉強法」に関して思うところを述べさせて頂きました。

参考になれば幸いです。