根源的意味から理解するthrough

この記事は3分で読めます

身体体験から概念へ

私達の思考と言語は、切っても切り離せないものです。

言語は、私達がどのように世界を見ているかを映す
鏡のようなもの、と言えるでしょう。

私達は、抽象的な思考の前に、
身体的に世界を体験します。

それは、個人としても、人類という種族としても、
真実です。

例えば、「通り抜ける」は、言い換えると、
「ある程度の長さをもった場所をはじめから終わりまで移動する。」
という意味ですね。

こういった身体的体験は、誰もが簡単にイメージできます。

私達は大人になるにつれ、もっと抽象的な思考を
するようになります。

といっても、誰もが哲学者になるわけではありませんが。

そういう意味ではなく、日常的に、
抽象的な概念を使うようになっていく、ということです。

そして、抽象的なことを表現するために、
身体的体験を表現するために使う表現を
たとえとして用いるのです。

このことを、言語学では、
conceptual metaphorといいます。

このことは、別に難しいことではなく、
日本語でも自然にやっていることです。

例えば、「本を読み通す」といえば、
「本をはじめから終わりまで読む」という意味になります。

ここで「通す」という言葉が使われていますが、
「本を読む」という行為には、移動という要素は
含まれていません。

にもかかわらず、「本を読む」という事が、
入り口と出口のあるプロセスとして捉えられるために、
「通る」という言葉が、使われているのです。

これも、conceptual metaphorの一例です。

今日は、conceptual metaphorの視点から、
「通り抜ける」という根源的意味を持つ
throughという前置詞について、学んでいきましょう。

throughの根源的意味は「通り抜ける」

一つ一つの単語には、根源的意味があり、
根源的意味から、派生的な意味を捉えることが大切です。

throughの根源的意味は「通り抜ける」、
「(ある場所の)はじめから終わりまで」
です。

We drove through the tunnel.
私達は車でトンネルを抜けた。

They slowly walked through the woods.
彼らはゆっくり森を通り抜けた。

これらは、ある空間を通り抜けるという、
基本的な意味でthroughが使われている例です。

時間的に使われる場合

普段、特に意識しないのですが、
私達は、時間を空間的なものとして捉えることができます。

つまり、時の流れを直線としてイメージできます。

実際に、カレンダーのアプリケーションでは、
一日の予定を縦に長い表に入れていきますよね。

ある期間継続する事柄は、直線としてイメージされた時間上の
区間としてイメージされます。

そして、その区間を「通して」何かが起これば、
それはその期間ずっと起こっていた、つまり、
「(時間的に)はじめから終わりまでずっと」という意味になりますね。

このように、throughには
「(一定の時間)ずっと」という意味があります・

It rained all through June.
6月はずっと雨だった。

We sat through two of the speeches and then left.
私達は2つ講演を聴いて、そのあと立ち去った。

原因

throughには、原因を表し、「~のために」
という意味もあります。

A lot of water is wasted through leakage.
水漏れによって大量の水が失われた。

Four million hours were lost last year through stress-related illnesses.
ストレスに関係した病気のために、去年は4百万時間が失われた。

道具、手段

throughには、道具や手段を表して、
「~を使って」という意味もあります。

We sold the bike through advertising in the local paper.
私達はその自転車を、地元の新聞に広告を打って売った。

達成、完成

最後に、throughには、仕事や試験を達成する、完成する、
という意味があります。

She’s through to the next round of interviews.
彼女は次の面接へと進んだ。

I’ve got some work to do but I should be through in an hour if you can wait.
まだ仕事があるけど、待っててくれるなら1時間以内に終わると思うよ。

まとめ

以上、throughという1つの単語の使い方を
かなり網羅的にみてきました。

これら複数の用法は無関係ではなく、
throughのもつ「通り抜ける」という根源的意味の
イメージでつながっています。

空間であれ、時間であれ、概念的なものであれ、
「通り抜ける」というイメージが、throughにはある、
ということです。

「手段」という、一見「通り抜ける」という
意味とか関係のない用法にも、「手段」が
「目的を達成するための通過点」のようなものとして
意識されたとき、「”手段”を通る」ことがすなわち、
「”手段”を用いる」ことになる、と理解できそうです。

実際この解釈が、言語学的に正しいかは、
議論の余地があると思います。

ただ、基本的な単語ほど、なるべく統一したイメージを
持つことが、大事になってきます。

よって、throughの持つ、「手段」や「原因」の意味も、
根源的意味の「通り抜ける」とつながったものとして
記憶することには、意味があるのではないでしょうか。

派生した意味をバラバラのものとしてではなく、
根源的意味を中心にして記憶する。

こういった意識で、単語に接していくと、
記憶にかかる負荷が減るだけでなく、
英単語一つ一つのイメージが充実します。

その結果、ネイティブの英語感覚に
近づくことができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 08.15

    言語と思考

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者プロフィール


中地 あきら

某都内有名私大で数学を学ぶ。

数学研究のかたわら、語学の魅力に取り憑かれ、
英語、ドイツ語、フランス語、ラテン語などを独学する。
哲学、心理学、投資などにも興味を持ち、
国内、国外問わず、本を読み漁る。
また、インターネットを通して、様々な国の友人を得る。

大学卒業後、予備校の世界へ。

数学を教えながら、語学ができることで見える世界と
日本語のみの世界の差を痛感する。
「英語でみえる世界」をひろめるために、
英語ブログ「英語で新しい自分になる」を設立。

趣味は、読書、ウォーキング、Fxデイトレード など。

最近のコメント