神話と英単語の覚え方~サイキの物語前編~

この記事は5分で読めます

 

単語を効率よく覚えるには

こんにちは、Nakachiです。

「英単語を効率よく暗記したい」

そう思いますよね。

今日は、飛躍的に単語を覚える効率を上げる方法をお伝えします。

1 サフィックスとプレフィックスを学ぶ。

2 単語にストーリーを与える。

まず、1からいってみましょう。

その前に、僕らがどうやって漢字を習ったか、思い出して見て下さい。

漢字には部首があり、部首の意味を知っておくと、漢字を効率的に覚えられましたよね。

例えば、「亻」は人の体を意味します。

だから、「健」と「建」という音が同じで形も似ている2文字をみても、「健」が人体に関わることがすぐにわかりますよね。

英単語を覚えるときにも同じ原理が使えます。

なぜなら、英単語にも漢字の部首のようなものがあるからです。

それが、サフィックスとプレフィックスです。

サフィックスは言葉の後ろにつき、言葉の意味を変化させます。

例えば、-domというサフィックスは「場所」や「状態」を意味します。

freedom 自由
kingdom 王国
boredom 退屈

あるいは-shipというサフィックスは「立場」を意味します。

internship 研修生の身分
ownership 所有者であること

プレフィックスは言葉の前について言葉の意味を変化させます。

例えば、co-というプレフィックスは「一緒に」という意味を持ちます。

companion 仲間
coauthor 共著者

sub-というプレフィックスは「下に」という意味を持ちます。

subtitle 字幕
submarine 潜水艦

このように、サフィックスとプレフィックスがもつ意味を知っておくと英単語を効率的に覚えられます。

では、次のポイントです。

言葉というのは何千年もの間、数え切れない人達によって使われてきた歴史があります。

そして、いくつかの言葉が生まれる背景には、誰かのストーリーがあります。

サイキの物語

今日はpsych-というプレフィックスにまつわるお話をしましょう。

psych-は心を意味するプレフィックスです。

psychology 心理学
psychiatry 精神医学

さて、このサフィックスはギリシア語で魂とか心とか蝶々を意味する言葉、サイキに由来します。

ギリシア人が心と蝶々に同じ言葉を使っていたことは興味深いですね。

心は蝶々のように自由だからでしょうか。

では、サイキの話をはじめましょう。

あるところに王様がいました。

この王様には3人の大変美しい娘がいました。

彼女たちの美しさは街中の評判となりました。

姉妹の中でも末っ子のサイキは特に美しく、まさに絶世の美少女です。

サイキがあまりにも美しかったため、人々は愛と美の女神ビーナスへの参拝の義務を忘れ、もっぱらサイキのことを褒め称えました。

これを知ったビーナスは嫉妬に怒り狂い、息子のクピドにサイキを罰するよう命じます。

クピドは恋の神です。

彼の持つ魔法の矢の力で、彼は恋心と嫌悪を自在に人間の胸に植え付けることができます。

ヴィーナスの庭にある甘い泉の水で浸した矢には恋心を、苦い泉の水で浸した矢には嫌悪を生み出す力があります。

ヴィーナスはクピドに、サイキがおぞましい怪物を恋するようにせよと、命じました。

クピドは魔法の矢を携え、サイキのもとに降り立ちます。

サイキの美しい姿を見て、クピドはためらいますが、母ヴィーナスの命令を実行しようとします。

そのとき突然サイキが目を覚ましたため、驚いたクピドは自分の体を魔法の矢で刺してしまいました。

クピドはこの瞬間から、サイキを好きになってしまいました。

クピドはいったんサイキのもとから立ち去ります。

ヴィーナスの怒りはおさまりません。

ヴィーナスの呪いにより、サイキにはいつまで経っても婚約者は現れません。

皆がサイキの美しさを讃えますが、誰も結婚しようとしないのです。

心配したサイキの両親は、予言の神アポロンに神託を求めます。

すると、このようなお告げがありました。

「サイキよ、お前は怪物と結婚する運命なのだ。その怪物は山の頂上に住んでいる。人間であれ、神々であれ、誰もこの怪物を制御できるものはいない。」

皆がこれを聞いて悲嘆にくれました。しかしサイキは言いました。

「街中のみんなが私の美しさを褒め、私のことをヴィーナスと呼んだとき、それが私の不幸の始まりだった。今更嘆いても遅いのよ。私は女神の怒りを招いてしまったんだわ。」

こう言って彼女は、運命に従い、怪物の住む山に登ることを決めたのでした。

街中の人達がサイキの出発を悲しみました。その様子はまるで葬式の行列のようです。

サイキは山に登り、途中で疲れ果て、途方に暮れて泣いていました。そしていつの間にか眠ってしまいました。

すると風の神ゼファニヤが、サイキを風で包み込み、花咲く美しい谷へ連れて行きます。

サイキが目を覚ますと、目の前にきれいな林がありました。サイキは林の中へと入っていきます。

すると、神々の住まいのような素晴らしい宮殿が目の前に現れました。

宮殿の中に入っていくと、彼女は驚くばかりです。

巨大な丸天井を支える黄金の柱。

壁に刻まれた、造形美の数々。

見るもの全てが一級の芸術品です。サイキは驚きと喜びに満たされました。

そのとき、どこからともなく声が聞こえてきます。

「王女様。どうぞ心置きなくくつろいで下さい。あちらに寝室がございますので、どうぞ疲れをおとりになって下さい。お目が覚めましたら、入浴の準備も整ってございます。

その後は、隣の小部屋へお越し下さい。お料理をつくってお待ちしております。その他なにかお困りの事がございましたら、何なりとお申し付けくださいませ。」

サイキはこの声がどこから響いて来るのか、不思議に思いましたが、声に素直に従いました。

しかし、サイキにはまだ夫の姿を見ていませんでした。彼は夜にしか現れないからです。そして朝日が出る前に、また出かけてしまうのでした。

サイキは何度も、夫に姿を見せて欲しいと頼みましたが、夫は聞き入れてくれません。

しかし、彼の声は優しさに溢れ、サイキの見えない夫への愛情は強まるばかりです。

夫はサイキに言いました。

「どうして僕の姿を見たいんだい?僕の愛情を疑っているのかい?なにか不足しているものがあるの?もし君が僕の姿を見たら、僕のことを怖がるかもしれない。

でも、僕が君に求めるのは愛情だけなんだ。僕のことを神としてではなく、対等な存在として愛してほしいんだ。」

こう言われると、サイキも納得しました。

しばらくの間は。

しばらくそんな生活が続きました。ある日サイキは、2人の姉のことを思い出します。

「姉さんたちはどうしているかしら。きっと私のことを心配しているはず。」

サイキは姉達を宮殿に呼び寄せ、姉妹は再開したのでした。

姉たちは言いました。

「サイキ!あなたが無事で良かった!でも、あなたの夫のことが気がかりなの。だってアポロンの神託の事を思い出してごらんなさいよ。あなたの夫はモンスターだって、そう言っていたじゃない。」

「サイキ、よく聞いて。あなたの夫は、本当はモンスターで、あなたをしばらく生かしておいた後、あなたを食べようとしているのかもしれないわ。」

「そうよ、サイキ。だから今夜、このロウソクとナイフをこっそり寝室に忍ばせていきなさい。そして夫の正体をつきとめるのです。」

「もし夫がモンスターなら、このナイフでその場で殺してしまいなさい。」

サイキはすっかり夫を信頼していましたが、姉達の言葉はサイキの心に再び疑念をうみました。

その夜、サイキは夫が眠ったあと、こっそり夫にしのびよりロウソクを照らします。

サイキが見たのは、モンスターではなく、神々の中で最も美しい少年クピドでした。

サイキが夫の顔をよく見ようと、ロウソクを近づけると、ロウが流れ落ち、クピドの顔にかかります。

クピドは目を覚まし、何が起きたのかすぐに理解しました。

クピドは天使の翼を広げ、窓から飛び立ちます。

そして、サイキに言いました。

「ああ!愚かなサイキ!あれほど僕の姿を見てはいけないと言ったのに、約束を守れなかったんだね。僕は母さんの命令を破ってまで、君を妻にしたのに、君は僕のことを怪物だと思って、僕をそのナイフで刺し殺そうとしたんだね。」

そう言ってクピドは飛び去りました。

サイキは地面にうつ伏せになり、宮殿にサイキの嘆きが響き渡りました。

しばらくしてサイキが落ち着きを取り戻すと、宮殿はまるで幻覚であったかのように消え去っていました。

まとめ

悲しいですね!

実は、サイキの話はこれで終わりではありません。

本当は、ハッピーエンドです。

全てを話すのは長すぎるので、今日はここまでにしておきましょう。

神話では、禁じられているものを見たり、後ろを振り返ると、たいてい死ぬか、大切なものを失います。

旧約聖書のロトの妻は、罪の街ソドムから脱出するとき後ろを振り返ったために塩の柱になってしまいました。

僕達の人生でも、信じるということは大きな力を持ちます。

ときには、先が見えなかったとしても信じることで前に進まなければなりません。

後ろを振り返ることは、過去に引き戻されることを意味します。

でも、サイキの物語では、注意することがあります。

サイキがクピドの言葉を信じていれば、夫の姿を知らないまま幸せな生活を続けていけたかもしれません。

でもそれは、不完全な幸福だったでしょう。

夫を心では理解しても、夫の姿を知らないままだったのですから。

サイキは今悲嘆にくれていますが、まだサイキの話は終わりません。

そして、サイキの物語の後半部分には苦難による魂の昇華という重要なテーマが含まれているのですが。

psych-をみたらサイキのことを思い出してくださいね。

では!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 07.29

    冠詞について

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者プロフィール


中地 あきら

某都内有名私大で数学を学ぶ。

数学研究のかたわら、語学の魅力に取り憑かれ、
英語、ドイツ語、フランス語、ラテン語などを独学する。
哲学、心理学、投資などにも興味を持ち、
国内、国外問わず、本を読み漁る。
また、インターネットを通して、様々な国の友人を得る。

大学卒業後、予備校の世界へ。

数学を教えながら、語学ができることで見える世界と
日本語のみの世界の差を痛感する。
「英語でみえる世界」をひろめるために、
英語ブログ「英語で新しい自分になる」を設立。

趣味は、読書、ウォーキング、Fxデイトレード など。

最近のコメント