現実を変えたいなら…

現状を突破するためには、今のセルフイメージでは無理です。今のセルフイメージを持っている限り、今できていることしかできません。

私達の無意識には限りない可能性があることをもうお話ししました。

しかし、使い方によってはこの無意識は絶大な負の力をもってしまうのです。

セルフイメージとは、その言葉どおり、私達が「自分はこういう人間である」と思っているイメージです。

セルフイメージが行動を生む

たとえば、あなたのセルフイメージが「内気」だとしましょう。

あなたはある日、婚活パーティーに行くと決めたとします。

婚活パーティーの日、みんな楽しそうに話しています。

しかしあなたの「内気」というセルフイメージは、「知らない人と打ち解けて話すなんて、君らしくないよ」と、あなたの行動を制限してしまうのです。

婚活パーティーは終わり、あなたは家に帰り、落ち込みます。

「やっぱりわたしは内気なんだ」と。

このように、セルフイメージからそれに従った行動がうまれ、さらにセルフイメージは強化されるのです。

私達が人生を良い方向に変えようと努力するとき、ぶつかる困難、それは「これは今までやったことがない」という認識なのです。

そして、「失敗するかもしれない」という恐怖も、成功を妨げます。

だからまずセルフイメージを変えることから始める必要があるのです。

そして、同じくらい大事なのが、新しいセルフイメージにふさわしい行動をすることです。

たとえあなたが「自分は内気」だと思っていたとしても、それは真実ですか?実は真実かどうか決めるのはあなたです。

「自分は太っている」、「自分には起業なんて無理」、「自分には英語なんて無理」、「自分は週末をこんな風に過ごすんだ…」などなど。

あらゆるセルフイメージは周りの声や自分が勝手に作り出したものにすぎないのです。

そして、古いセルフイメージを持っている限り、行動もそのセルフイメージにふさわしいものになってしまうのです。

思い通りに人生をデザインするには?

もし婚活パーティーや出会いの場で成功したいのであれば、「私ははじめての相手にも臆することなく会話を楽しむのが上手な人間だ」というセルフイメージをつくってみましょう。

そして、想像力を働かせ、そんな自分ならどう行動するか思い描いてください。はじめて出会った魅力的な人と会話を楽しんでいる姿を。

そして、実際にチャンスが訪れたとき、想像どおりに行動してみましょう。

もし、行動できない場合は、まだセルフイメージの変化が弱いのでしょう。毎晩寝る前に上のエクササイズを行ってみると良いでしょう。

まずセルフイメージを整えましょう。

そして Fake it till you make it (できるまで、できるふりをする)ことで、あなたは自分の人生をデザインできるのです。

“Life isn’t about finding yourself. Life is about creating yourself.”

― George Bernard Shaw

「人生とは自分を理解することではなく、自分を創造することである」

ジョージ・バーナード・ショー