subjunctiveについて

この記事は3分で読めます

Subjunctiveとは

どうも、Nakachiです。

突然ですが、質問です。次の1,2のうち、正しい方はどちらでしょう。

1. I suggest that he studies French.

2 . I suggest that he study French.

thinking time…..

正解は

2です。

heのあとの動詞は原型になっていますよね。実はこれがsubjunctive(叙相法)なのです。

Rule
提案・主張・話者の主観などのthat説の中の動詞は原型またはshould+原型にする
解説
 (普通の文)       He tries to study. (彼は勉強しようとする。)
(Subjunctiveの文)  It is important that he try to study. (彼が勉強しようとすることは大切である)

 

このように、普通の文ではtryをheに合わせて活用し、triesにしますが、2番めの文では、「…が大切である」という話者の主観を表すためにtryを原型で用いています。
Subjunctiveが使われる動詞
to advise (that) 助言する
to ask (that) 頼む
to command (that) 命令する
to demand (that) 要求する
to desire (that) 望む
to insist (that) 主張する
to propose (that) 提案する
to recommend (that) 勧める
to request (that) 要求する
to suggest (that) 提案する
to urge (that) 強く迫る
例文:

 

・Dr. Smith asked that Mark submit his research paper.
  スミス博士はマークに研究論文を提出するようもとめた。

 

・Donna requested Frank come to the party.
  ドナはフランクにパーティーに来てほしいと言った。

 

・The teacher insists that her students be on time.
  先生は生徒に遅刻しないようにと注意した。

 

・The doctor recommended that she should see a specialist about the problem.
  医師は彼女に、専門家に診てもらうよう勧めた。

 

・Professor William suggested that he should study harder for the final exam.
  ウィリアム教授は彼に、期末試験のためにもっと勉強するように、と言った。
Subjunctiveが使われる形容詞

It is best (that) ~が最善である
It is crucial (that) ~が決定的である
It is desirable (that) ~が望ましい
It is essential (that) ~が本質的である
It is imperative (that) ~が必須である
It is important (that) ~が重要である
It is recommended (that) ~が推薦される
It is urgent (that) ~が緊急に必要である
It is vital (that) ~が肝要である
It is a good idea (that) ~は良い考えだ
It is a bad idea (that) ~は悪い考えだ

例文:

  • It is crucial that you be there before Tom arrives.
    トムの前にあなたがそこにいることが、決定的に重要です。
  • It is important she attend the meeting.
    彼女がその会議に出席することは重要です
まとめ~事実か想像か~

It is important that he try to study. という文では「彼が勉強しようとする」ことは、事実ではありません。もしかしたら既に事実になっているかもしれませんが、それはわかりません。

この文では、話者が、「…が大切です」という主張をしているわけですね。

このように、事実とは限らないが、想像されたことを言うときにSubjunctiveが使われるわけです。

ちなみに、事実と想像を異なる動詞の形で表現するのは、英語以外でもヨーロッパ言語での特徴です。日本語にはない特徴ですよね。

私はSubjunctiveが「事実と想像の区別」という重要な認知の側面に関係しているにもかかわらず、
あまり注目されていないのが残念です。

Subjunctiveを使いこなしてより深い英語の理解に到達しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 07.29

    冠詞について

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者プロフィール


中地 あきら

某都内有名私大で数学を学ぶ。

数学研究のかたわら、語学の魅力に取り憑かれ、
英語、ドイツ語、フランス語、ラテン語などを独学する。
哲学、心理学、投資などにも興味を持ち、
国内、国外問わず、本を読み漁る。
また、インターネットを通して、様々な国の友人を得る。

大学卒業後、予備校の世界へ。

数学を教えながら、語学ができることで見える世界と
日本語のみの世界の差を痛感する。
「英語でみえる世界」をひろめるために、
英語ブログ「英語で新しい自分になる」を設立。

趣味は、読書、ウォーキング、Fxデイトレード など。

最近のコメント