小さな変化

どうも、Nakachiです。

今日は、「小さな変化に気づく」ことの大切さを、お伝えしたいと思います。

あなたにとって、達成したいゴールは何でしょうか?

もしかしたら、肉体改造かもしれません。

夏が近づいてきました。ビーチに行って水着になるだけで、異性からも同性からも注目される肉体を手に入れたいと思っている方も多いことでしょう。

肉体改造であれ、英語であれ、ビジセスであれ、ドラスティックな変化はすぐには起こりません。

むしろ、自分でも注意していないと気づかないような変化を積み重ねていくことが、大きな変化につながっていくのです。

ある肉体改造のインストラクターの方から聞いた話なのですが、筋トレの初心者はドラスティックな変化が短期間で起こらないと、失望してやめてしまうことがよくあるそうです。

たとえば、腕が2cm太くなるのは、かなりすごいことなのですが、ドラスティックに肉体の外観が変化するわけではないので、そこでやめてしまったりするわけです。

もしも、トレーニングを続けていけば、望みの肉体が手に入ったことでしょう。

誰の目にもあきらかな変化というのは、すぐには起きないのです。
小さな変化に気づき、「着実に自分は前進している」と意識して
自分に言い聞かせることが大切です。

tipping point

tipping point という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

企業の商品、思想、疫病などは、ある境を超えると爆発的に広まることが
知られています。その境のことをtipping pointといいます。

私は人間が何かを習得するときや、筋トレにも、このtipping pointが当てはまると考えています。

何かができるようになるとき、長く、いつまで続くかわからない助走期間があります。

そして、この助走を終えたとき、あなたは飛行機のように離陸して、大空を自由に飛びまわることができるのです。

多くの人は、助走期間の途中で諦めてしまいます。

もしかしたら、すぐそこに離陸地点が近づいていたかもしれないのに。

離陸地点=tipping pointです。

勝利の女神からの試練

多くの人が成功を手にする前に諦めてしまう原因は、この助走期間がいつまで続くのかわからないからではないでしょうか。

プロゲーマーの梅原大吾さんは、トンネルという言葉で表現しています。

「トンネルはいつまで続くのかわからず、出口も見えない。しかし、トンネルから抜け出す瞬間は必ずやってくる。その瞬間は喜びそのものでしかない。」

彼はこのように言っています。

彼の場合、努力の対象は格闘ゲームだったのですが、あなたの目標にも当てはまるはずです。

私はこのトンネル期間を、まるで勝利の女神からの試練を受けているように感じます。

tipping pointに達するまでは、自分をみとめてやれるのは自分だけです。世間はわかりやすい
結果(年収○○万円、ゲームの大会で優勝、美しい肉体、etc)にしか反応しないからです。

だから、tipping pointに達するまでは、自分を信じなければならないのです。

どうやって前に進み続けるか

いつ終わるともしれないトンネルを抜けるまで、前進することは簡単ではありません。どうやったら前進を続けることができるのでしょうか。

いろいろなアドバイスがありますが、私は「目標達成しない場合の自分の未来をイメージする」ことも一つの手だと思います。

今、あなたに目標があるなら、おそらくあなたには悩みがあって、その悩みを解決するために努力しているのではないでしょうか。

目標が達成できないことは、悩みが解決されないことを意味します。

今までと同じ生活、同じ人間関係、同じ日常、同じ肉体です。

あなたはそれでもいいと言えますか?

成功は失敗に変装してやってくる

アメリカでこんな話があったそうです。

ある男が金鉱を探していました。金鉱の噂を聞きつけ、その男はドリルをもってやってきました。

しかし、掘っても掘っても金は全くでません。男は諦め、ドリルを地元の農民に売って帰っていきました。

農民はこれをチャンスと捉えます。彼は地質学者に連絡を取り、はじめの男が掘った場所に本当に金があるんかどうか、調査を依頼しました。

地質学者の見立てでは、たしかに金はありそうということでした。

農民はドリルでその場所を数メートル、さらに深く掘りました。すると、ピカピカ光るものが目に飛び込んできます。

金です!

ついに金鉱に達しました。掘れば掘るほど、金がでます。

農民は大金持ちになりました。

もし、あなたが努力していても、結果がでないくて挫けそうなとき、成功は失敗に変装して、あなたのすぐそばに来ているのかもしれません。

小さな変化を見逃すことなく、あなたがゴールを達成できますように。